赤ちゃんが歩きはじめるのはいつから?

「まだ歩く様子がないけど、いつから歩くのかな」「大体何カ月頃から歩き出すのがいいのか」。どこのママでも抱えている悩みです。赤ちゃんを育てているといろいろ悩みは尽きませんが、赤ちゃんが歩くのはいつからなのかご紹介していきます。

成長の目安をみるうえで、赤ちゃんが歩くというのは一大イベントですよね。

「早く歩いてほしい」と楽しみにしている方も多いと思いますが、赤ちゃんが歩き始める平均の時期や過程についてお話しします。

 

赤ちゃんが歩き始めるのはいつ?

 

赤ちゃんが自分1人で歩き始める時期は個人差がありますが、平均で1歳頃です。

それぞれの成長の個人差はありますが、赤ちゃんは、ずりばいをはじめ、ハイハイ、つかまり立ち、伝い歩き、1人歩きと少しずつ成長していきます。

 

早い赤ちゃんだと生後10ヶ月頃から歩き始める子もいますが、あくまで平均なので「1歳になったのに全然歩かない。」と不安になる必要はありません。

歩きはじめの様子

我が子が一人でかわいくよちよち歩く姿。早く見たいですよね♪まずは一歩。次は二歩。なんて数えてしまったりするかも。

伝い歩きが上手に出来て、一瞬でも1人でたっちが出来るようになれば、歩き始めはもう目前です。座っている状態から、手をついてお尻をあげて立とうとしたり、少し離れた位置のおもちゃを取ろうとしたりした時はチャンスです。初めて歩き出す瞬間を見ることができるかもしれませんよ。

 

歩き始めが早い子の特徴

早ければ10ヶ月頃から歩く子もいますが、早く歩き出す赤ちゃんは以下のような特徴がある子が多いです。

・ずりばい、ハイハイをする時期が早かった

・好奇心旺盛な性格

・上にお兄ちゃん、お姉ちゃんがいる

このような子は、歩くのが早めな傾向にあります。ハイハイをするのが早い子はしっかり筋力がついていて、体のバランスがとれる子なので歩く時期も早い子が多いです。

 

歩き始めが遅い子の特徴

ほとんどの子は1歳半には歩き始めますが、あくまで目安なので歩かなくても焦ることはありません。

「1歳をすぎても歩き始める様子がない」「本当に歩けるようになるのか」と不安なママも多いと思いますが、赤ちゃんが歩き始める時期は個人差があるので安心して下さい。

歩くのが遅い赤ちゃんは以下のような特徴があります。

・大きい体で体重もあるので、寝返り、ずりばいなども遅かった

・慎重な性格、おっとりした性格

・ハイハイが好きで、そのほうが移動も早い

 

体格がいい赤ちゃんは体が大きい分バランスをとるのが難しいため、歩くのが遅めな傾向にあります。また自分1人で歩くのが怖かったり、ハイハイでの移動が楽だと感じていたり赤ちゃんはなかなか初めの一歩を踏み出すのに時間がかかりそうですね。

うちの三歳の息子は、つかまり立ちしてから、自分でもう一度座れないというほど、とても慎重な子でした。歩き始めは1歳2か月頃でした。

 

赤ちゃんに歩く練習は必要か?

赤ちゃんに無理に歩く練習は必要ありません。

無理やり歩かせて転んだりしてしまうと危険ですし、歩きたがらなくなってしまうことも。赤ちゃんが歩くのは嬉しいことですし、早く歩くのを見たいというパパママの気持ちはわかりますが、我が子の成長を見守ってあげてください。

それに、歩く練習をしたからと言ってすぐに歩けるようにはなりません。

赤ちゃんに負担をかけないよう、歩きそうなときに名前を呼んであげたり、「こっちおいで」と声掛けしたりするのがおすすめです。

 

歩き始める前に環境を整える

赤ちゃんの歩き始めは、何度も何度も転びます。滑りにくい床や、けがをしないよう床にマットなどを敷いてあげるといいでしょう。滑りづらくもなるので歩く練習にも最適です。

また、自信がないので、すぐに何かにつかまって伝い歩きをしてしまうので、なるべく物を片づけて広いスペースを作りましょう。

歩いてほしいと思ったけど、もうちょっと遅くてよかったかも・・・なんて思う人はきっと多いはず。歩き始めたらさぁ大変!目を離せません!

あらゆる家具にぶつからないようにクッションをつけたり、扉を開けないように、フックをつけたり・・・。

まとめ

赤ちゃんが歩きはじめる時期は10ヶ月~1歳半ごろです。しかし、赤ちゃんの発達は個人差が大きいので、周りと比べないことが大切です。親の焦りは赤ちゃんにも伝わってしまうので、大らかな気持ちでいたいですね。うちの子は歩き始めが少し遅かったですが、ハイハイの時期が長かったので、体が強く、転んでもすぐに手が出るので大きいケガをしません。

早く歩けばいいというものでもありませんし、赤ちゃんの成長を楽しんでください♪

 

UA-93580511-1