赤ちゃんの寝かしつけのコツ

 

赤ちゃんはよく眠るというイメージがあります。確かに眠る子は多いですが・・・

いざ子育てが始まると、「あれ・・・全然寝てくれない」「寝てもすぐ起きちゃう」「抱っこのままじゃないと、寝かせると起きちゃう」。うちの子大丈夫かしら。

そんなママへ、寝かしつけのコツをご紹介します。

 

入眠儀式

赤ちゃんの生活リズムを整えるために、多くのパパママがやっているのが「入眠儀式」です。入眠儀式とは、眠る前におこなう習慣のことです。

・絵本の読み聞かせ

・添い寝で背中をトントンする

・オルゴールの曲を聴かせる

など、寝る前に入眠儀式を習慣づけることで、赤ちゃんが眠りに入りやすい環境が整います。

 

寝る部屋を暗くする

昼と夜のメリハリをつけるために、子供が寝る部屋は暗くしましょう。

夜寝に限らず、お昼寝の時も同様です。途中で目が覚めても、部屋が暗いとまだ寝る時間だと理解します。

暗いとぐっすり眠れます。

 

毎日同じ時間に寝かせる

子供の生活リズムを整えてあげることが重要です。毎日同じ時間に寝かせるようにしてみましょう。

理想は20時まで、難しければ遅くとも21時までにはお布団に入るようにしましょう。

この時、入眠儀式もお忘れなく。習慣は毎日の繰り返しでつくものです。

 

寝る前はゆったりとした雰囲気に

寝る直前までテレビを観ていたり、大きな音が多かったりすると、子供は興奮しすぐに寝つくことができません。

気を付けたいのが、スマートフォン。電子機器のブルーライトは脳を刺激して興奮状態にしてしまい、寝付きが悪くなる原因となります。スマホは子供が寝てからに。

 

抱っこしてから寝かせるタイミング

眠れない赤ちゃんを抱っこで寝かせることも多いでしょう。でも、眠ったばかりの赤ちゃんは眠りがまだ浅いために、布団に寝かせるとすぐに起きてしまいます。

せっかく寝た赤ちゃんが起きてしまうと、少し?がっかりしますよね。

赤ちゃんが寝たと思っても、しばらく(10分くらい)はそのまま抱っこで寝かせてあげましょう。深い眠りに入れば、布団に寝かせるときも起きない確率UPです。

 

まとめ

赤ちゃんの寝かしつけに悩んでいたママさん。試してみたい方法はあったでしょうか。

寝かしつけるコツは、まだまだ多様にありますが、何をしても寝てくれないときは、潔く諦めましょう。

焦ってもイライラしても、余計子供は寝てくれません。

今日はこんな日だからしょうがないか。ずっとこんな日が続くわけじゃない。

と心穏やかに。子育てを楽しむコツです。

 

 

UA-93580511-1