外遊びのすすめ

「外遊びの自然とのふれ合いが脳を活性化させる」ということを耳にしたことはあるでしょうか。

今の子供たちは、自然とふれ合って遊ぶという経験が少なくなっています。

感性を磨いたり、辛抱強さを培ったりするために、自然の中での遊びは有効です。

また、思い切り遊ばせることは、脳をとても活性化させることができます。家の中で思いっきり遊ぶのはまず無理。外遊びで、子供が思い切り体を動かす機会をどんどん設けましょう。

 

自然は刺激がいっぱい

すがすがしい空の青、肌に当たる目に見えない風、風に揺れる木、花や草、土の自然の香り。

外に出た赤ちゃんは五感をフル稼働させて自然に触れます。

赤ちゃんはお部屋の中でも、見たり聞いたりという刺激を受けますが、外に出て太陽光を浴びたり、風を感じたりすることは、見る・聞く以外の刺激もたくさん受けられます。

赤ちゃんのころに、嗅覚や触覚、味覚といった、動物的な感覚を磨くのは望ましいことなので、外出はとてもおススメです。

では、山や海に連れていこう!いえいえ、そんな必要はありません。強い刺激は赤ちゃんにとって大変なこと。近所の公園に行ったり、緑がある庭で遊んだりすることで十分自然を楽しめます。

 

砂遊び・どろんこ遊びを楽しむ

砂場で遊んだり、芝生の上をハイハイしたり、裸足で歩いたりといった体験は、脳の均衡ある発達には大変いいことです。

あらゆる形に変化する砂は赤ちゃんにとっては、魅力的なおもちゃ。手でぎゅっとにぎっても、指の間からさらさらーっと出ていってしまったりして、思い通りの形にはなりません。深く掘ると湿った土が出てきて、これは粘土のように形をとりやすく、好きなものが作れます。

土遊び、泥遊びは大人にも子供にも魅力のある遊びです。

砂遊びさせるには、勇気がでない・・・。わかります。服が汚れるし後が大変。

でも、考え方を変えましょう。汚れてもいい服を着せて、思い切って砂や土で遊ばせてあげるべきです。

 

外遊びに慣れてきたら

外遊びにも慣れ、少し大きくなってきたら、夏や冬の長期休暇は子供とどこかに出かけたいと考えている方も増えると思います。

海や山など、まさに自然を感じられる環境に身を置かせ、体験させる絶好の機会ですから、五感磨きにぜひ連れていってあげたいですね。

 

いつも空調の利いた部屋で暮らし、移動も自動車でという生活に慣れた子供は、気持ち悪いと感じるようなものに触れたり、汗だくになって辛い思いをしたりということに対し、辛抱強さがなくなりがちです。

人間が人間として生きていく適応力のようなものは、ぬくぬくと気持ちのよい環境だけではなく、「嫌だ」「不快だ」と思う体験からも培われるという面があります。

自然はそれを教えてくれます。

といっても、大人でも耐えられないほどの寒さや暑さといった刺激にさらすのは注意してください。

 

子供との外遊びは、あくまで子供のペースに大人が合わせるように考えてあげてください。

外遊びをいっぱいして、心も体も健康に育ってほしいですね!

 

UA-93580511-1